検索
  • imd33

クライアントからもっとセンスよくしてほしいと言われた時に試してみること

クライアントから、もっとセンスよくならないか、と言われたときに試してほしいことをまとめてみました。

また、クライアントから制作者へ「センスよく仕上げてほしい」と伝えたときに、具体的にどうすればいいのか返されたら、提案してみてください。



①テロップ(テキスト・文字の情報)を2ポイント以上、小さくする

制作者にとって、テロップは、読んでもらうための文字情報なので、文字が認識できる(読んで理解できる)大きさにするべきで、読んで理解できる秒数を入れるべきという常識がありました。が、これが「センス」がいいか、というと、両立しづらい点です。センスがいいと感じさせるには、テロップのサイズを今よりも2ポイント小さくしてみます。

小さくしてみると、全体的に洗練された雰囲気になります。


②テロップのエッジ(縁取り)を外す

テロップに白あるいは、ブルーや赤のエッジをつけているなら、外します。テロップは色を重ねると、色情報が過剰になります。テロップの色味がたくさん出てくると、目への刺激になり、見ている人を疲れさせることになります。


③テロップのフォントを細い字体のフォントに変更する

テロップの字体が太いのであれば、細字のフォントにかえてみます。単純ですが、大きく太いから、小さく細いへ変更するだけで、イメージがかわります。


④ テロップが認識しづらいなら、ホワイトのハーフマットを敷く

字が小さく、細く、エッジがない、と読みづらくなります。ホワイトのマット、あるいはホワイトのハーフマット(マットのことは”座布団”ともいいます)を敷きます。いろんな色を試してみましたが、結局、白が映えます


⑤テロップの配置を、下位置あるいは、画面の下半分に収める

強調したいために、テロップを中央に配置することがありますが、それがセンスの邪魔になっているときがあります。テロップが大きくて、太い場合、中央に配置されていると、押し付けがましく感じられるそうです。下位置あるいは、画面の下半分のエリアに配置してみます。


⑥ SE(サウンドエフェクト、効果音のこと)を外す

SEが入りすぎていると、騒々しくなります。もし、現状入っているSEがクライアントの好みに合っていない場合、耳障りになります。差し替える予算がない場合は、思い切って、外してしまいます。


テロップのフォントの変更や、SEを削除する作業は、さほど手間がかかりません。全体的にテンポアップさせて、キレをよくしたい場合は、少し大きな作業をせねばなりません。


⑦ カット尺を2秒にする

制作者は、作品を作るときに心掛けているのは、伝えるべきメッセージを伝えたい、ということ。洗練された動画をつくる、センスのいい動画をつくる、というよりも、動画を見て、理解してほしい、のです。それゆえに、このワードを利かせるために、構成や流れもふまえて、ひとつのカット秒数も考えています。テロップを読ませるために、大きくしたり、エッジをつけて強調しています。が、クライアントからすると、なんか、もったりしてるな、長いなあ・・と受け止められることが多々あります。


こうして洗い出してみると、センスの良し悪しは、テロップ次第ともいえそうです。テロップは、画面構成上で占める面積が大きいため、単純にテロップの面積を小さくすれば、センス良く感じるのかもしれません。テロップについている色の種類が多いなら、少なくすることで、全体の印象が変わります。


いまの時点での映像にセンスがない、と言われたら、どこでそう感じるのかを、洗い出してみます。動画を構成している要素は、


①映像

②テロップ

③音

の3つの要素があります。


そして、それぞれ、細かく要素があります。

①映像

 A-カットの長さ

 B-明るさ

 C-画角


②テロップ

 A-大きさ

 B-フォント

 C-色


③音

 A-地の音(インタビューコメントやノイズの音)

 B-BGM

 C-SE (効果音)


「センス」というのは、伝わりづらいことばです。今のままだとセンスが合わないんだな、と感じることはできますが、どこをどういじればセンスがよくなるのか、その指摘が正解なのかどうかは、自信がもてません。


「センス」を指摘されたときは、上の3つの要素と、それぞれの3つ、全部で9つになりますが、それらのどこに、「センスなし」の原因が潜んでいるのかを探り出せばいいのです。


制作物には、予算がありますから、原因がみつかっても、全て修正できるわけではありません。いちばん手っ取り早く、手間をかけずに、センスよく仕上げるには、テロップの色とデザインを修正すると、大きく変わります。


センスアップと品質も上げたいと言われたなら


もし、修正をすることになって、もっと品質を上げたいと言われたら。

品質には、予算がついて回ります。多少追加になっても品質を上げたい場合は、

「音」を入れ替えると、ぐっと質があがります。


音はおざなりにしがちですが、音のバランスがとれていたり、BGMが心地よかったり、絶妙なSEが入っていると、ついつい見てしまいます。ということは、耳から感じられる情感や情報は思いのほか大きいのです。少しでも、古さを感じたり、耳に違和感が残ると、遮断したくなります。品質を上げるには、音の専門スタッフに入ってもらって、調整したり、音楽の選曲をしてもらうと品質向上されます。



















3回の閲覧0件のコメント