検索
  • imd33

撮影データを誤って初期化してしまった!!復元の方法と料金は・・・

 #メディア復元 #SDカード初期化 #SDカード復元 #撮影済みメディア消去 #消去した映像修復 #記録メディア修復会社 #データ修復 #破損メディア修復 #破損SD修復 #データ破損


撮影したSDカードをハードディスクに移すときに初期化!


撮影ではSDカードで収録しています。編集する際には、このSDカードを外付けのHDDに取り込む作業をしなくてはなりません。いつものように、ディレクターが編集の準備にSDカードをHDDに取り込む作業をしたのですが、うっかり収録済のカードを初期化フォーマットしてしまうという大失態をしでかしました。


このときに、3枚のカードを初期化する作業と、1枚の収録済カードを取り込む作業をする予定で、3枚目を初期化したときに、つい4枚目も初期化してしまったんだとか。初期化してはいけないメディアには撮影日の日程と内容のメモもしてあったのに。ロックもかけてあったのに。目視でも分かるようにメモがあり、ほかのメディアとちがって、ロックもしてあったのに、わざわざ、ロックを外して初期化してしまいました。本人が言うには、まったく疑問に思わず、流れ作業でやってしまった。とのこと。すでに業界歴数十年の大ベテラン。こんな失態、はじめてやらかした、と大ショック。どうしよう。再撮かな。としょんぼり相談されました。怒ったって後のまつりです。やってしまったものは仕方ありません。SDカードで撮影をすることがあたりまえになってから、データを消すというのは初めてのことです。パニック状況に陥りながらも、回復させることができるのかどうか、調べました。


上書きしなければ修復できるらしい・・・


調べてみると、データを初期化しても、上書きさえしなければ修復が可能と出てきました。データ消失をしたのが日曜日だったので、日曜日に作業してくれるところで、回復できるのかどうか判断してくれるところを探しました。


グーグルで検索すると、銀座にある会社がヒットしました。ざっと見ますとしっかりした会社のようです。問い合せフォームを出してみましたら、回復の可能性はあること、現物をみないと見積もり金額は出せないが、目安は5万円から40万円。内容の状態をチェックするのと見積もりのため、現物を持ってきてくださいとのこと。個人情報漏洩がないように完全個室での対応で、来社は完全予約制。月曜日の一番早い時間で予約をお願いしました。ネットで見ると、修復料金の目安は4万円前後と出てきます。さすがに40万円と言われることはないんじゃないか、4万円は最低金額だとしても今回は10万くらいじゃないか、と目算しました。


修復会社大手に見積もりしてもらうと


翌日、銀座の会社に予定の時間に伺いました。個室に通されて現物を預けて、出てきた見積もりは、・・・・32万円。修復するかどうかは、本日中に返事をしてください。と言われ、32万円の見積もりの説明も、なんだかよくわかりません。なぜ本日中に、ここで修復するのかどうか決めなければいけないのかも、満足のいく説明がなされませんでした。


いったん引き上げて考えます、と引き上げようとしましたが、他に持ち込むと破損が進む可能性があるなどと言われ、なかなか返してくれません。

知人のSEさんに、通電したら劣化すると言われたが、そういうもの?と聞いてみましたらそれはないと思う。とのこと。

・見積もりの金額が高すぎる

・破損の程度がよくわからない

・通電により劣化するものかどうか疑問が残る

・預けたデータをすんなりと返してくれない

など、不信感が残り、引き上げることにしました。たぶん、ほかに持ち込めば32万円よりも安いだろうとおもったのです。


別の会社へ持ち込むことに


2件目に訪れたのは、青山一丁目駅の駅近くにあるショップです。電話で状況を説明したところ、他社に持ち込んだメディアは、あまり引き受けたくない、と言われました。見積りをしてほしいと頼みました。最初の会社よりもカジュアルな応対ですが、話しやすく丁寧です。翌日、ショップに持ち込み、念のため最初の経緯から説明しました。銀座の会社についてご存知のようで、グーグルを検索すると口コミすごい出てきますよ。見てます?と聞かれました。当初、データを消したショックが大きく、そこまで見る余裕はなく、口コミを見る余裕が出てきたのは、最初の会社に預けてからでした。口コミを見ると、対応がよかった、完全に修復してくれた、感謝です、とありますが、中には、見積もりが高いというと半額になった、金額が高すぎる。という口コミもありました。多分、先のその会社も金額が高いけど、修復はしてくれたんだろうと思います。青山のショップは、ほかの会社で見てもらったメディアを修復するのはやりたくないのですが、と言われました。というのは、見積もりだけで引き上げるときに、メディアを破損させて返却することがあるんだそうです。すでにネガティブな口コミがここまで書かれているから、いくらなんでもそこまではしてないだろうと信じて、この会社に託すことにしました。


内容を見てもらい、青山のショップに見積もりを出してもらうと、内容は『論理破壊 軽レベル』であること、見積もりは7万円でした。最初の会社の32万円からすると、妥当な金額に思えますし、破損の内容も論理破壊とのこと。ネットで調べると、初期化フォーマットで起こる破壊で、レベルとしては回復の見込みが高い、軽度の破損であるとのこと。翌日には修復して戻してくれるとのことで、頼むことにしました。破損したメディアと修復したデータを入れてもらう新しいSDカードを預けました。


修復されたものの、落とし穴が


翌日、約束の時間に受け取りに行ったところ、映像を確認してくださいと言われ、ショップのパソコンで拝見しました。見たところ、映像が元通りに入っており、安心して引き上げました。ディレクターに報告して、メディアを渡してホッとしていたのですが。。。


その3日後、ディレクターから連絡が入りました。クリップが300個くらいになっていて、それぞれのクリップには30秒から90秒くらいになっている。とのこと。

つまり、映像が細切れに分断されてしまった。細切れと細切れを繋げられないか聞いてみたところ、2,3フレ飛んでいるとのこと。一見、元通りに見えたのが、糠喜びで、映像は細切れ分断化されていたのです。


修復してくれたショップに連絡をとってみたところ、SDカードの特徴で2ギガごとに途切れるらしいのです。

飛んでしまった2,3フレはどこかにあるのか聞いてみましたが、元の映像が分からないし、このメディアにあるデータを回復させただけだからわからない、との回答でした。

これはどうにかならないか聞いてみましたが分からないとのこと。少しはよくなりましたが、とてつもなく編集に時間がかかりそうです。


別の会社を探してみる


これ、もういちど、全く別の会社でもう一回修復してもらったらどうかな?と、機械に強いスタッフに聞いてみたら、結果は同じなんじゃないか、と。そうだよね。デジタルだから破損のままだよね。と、細切れの映像をなんとかつないでいくしかないのかと、担当ディレクターも、俺が消しちゃったから、修復されたこの映像でなんとか編集するわ。となりました。


その翌日、相談していたスタッフから、ここはどうかな?と提案がありました。細切れになった映像も修復可能、こちらの希望通りの修復に至らなかったら、料金無料とあります。しかも、修復料金は目安で7000円~とあります。

ダメ元で、修復できるかどうかと見積もりを出してもらうことにしました。パソコンの修理などをやっている神奈川県の会社ですが、規模は小さく、ホームぺージもちょっと不安な感じがします。きっと、一番最初にこのホームぺージを見ても、すぐに頼むのは覚悟がいりそうです。問い合せフォームから、こちらの会社情報とメディアの状態を書き込むようなフォーマットになっています。

例えば、メディアの種類、容量、撮影時のカメラの種類、他社に出したかどうか、どういう状況なのか、という欄があります。そちらを記入して、送信ボタンを押しました。

3時間ほどのち、メールで返信がありました。現物がないため詳細はおこたえできないが、

”動画の形式がAVCHD形式の拡張子.mts又は.m2tsであれば復旧の可能性はあります。”とのこと。そして料金は、なんと、9000円+税+郵送料です。無駄になっても、最悪、細切れの映像はハードディスクに入ってますから、お願いすることにしました。申込用紙が合計7枚(契約書、状況記入、キャンペーンの利用有無など)と、破損メディアと、新しいメディアをレターパックライトで送りました。

翌日、書類は先方に到着し、その翌日、回復したとメールで報告がありました。報告書には、クリップの画像リストとそれぞれの映像尺が一覧で届きました。クリップ数は125個。映像の容量と尺は短いもので3秒、長い映像だと12分近くあります。クリップ数は、オリジナルの映像からすると、多いように感じますが、最初の修復では300個くらいあったので、分断されているところはあるものの、前よりはマシな状態になっているのでは、と期待が湧きました。しかし、クリップの画像をみると、順番がバラバラになっているようです。メールで、バラバラになっているようだが、元の順番になるかどうか問い合せをしてみましたが、元の並びが分からないし、データの順番で作業しているので、どうにもできないとのこと。並びの順番がバラバラくらいはしょうがないと割り切ることにしました。この会社では、振込の確認ができてから、返却郵送の段取りをする、とのことだったので、さっそく振込をしたところ、翌々日に、指定した方法で会社に届けられました。


映像を確認したところ、分断は前よりも格段に少ないようです。修復してくれた会社からも報告がありましたが、映像は2ギガで切れるとのこと。今回も2ギガごとに切れているのですが、前の修復よりも、タイミングが違うようでした。分断されているところは、2,3フレとんでいますが、最初よりも格段にマシです。


今回修復をして分かったこと


 ・メディアは上書きしない限り、復元することができる。

 ・2ギガごとに分断される可能性がある。

 ・修復の料金はピンキリで、7000円から40万円の幅がある。

 ・ネットで検索して一番上に出てくる会社は必ず口コミまでチェックする。

 ・個人でやっている会社のほうが信頼できる。


パソコンやメディアについて、知識がないので、足元を見られるな、というのは率直な感想です。また、パソコンに詳しそうなシステムエンジニアでも、メディアの修復については別世界のようでした。ともあれ、撮影したメディアは初期化しない、上書きしない、というのが一番なんですけどね。今回の出来事以降、撮影はダブルスタンバイすることを徹底することにしました。















6回の閲覧0件のコメント